Menu

にさせましょう」

にさせましょう」

 

「…」

 

 

 

牙蔵は冷たい瞳でその光景を天井裏から見ていた。ーーーーー

 

夜。今夜も詩の元に仁丸が来る。

 

「…」

 

頭を下げながら、詩はどこか、自分でも何故かわからないまま、複雑だった。

 

ーー信継様は、来ない。

 

…来ない。

 

…それでいいのに。

 

3人分用意された膳の前に、2人で座る。

 

明日の朝、出立が決まったのだと、仁丸が言った。

 

もしもの時はさらなる援軍も要請しているが、まずは高島と同盟国の3万の総兵力で討つ。

荒川近くに陣を敷き、沖田連合軍を迎えるとーー

 

「…」

 

戦は、恐ろしい。

生きていた人が死ぬ。

詩は女子だから、昔から待つ身だ。

父や、三鷹の武士たちや、松丸ーー幼い頃から、無事を願って、母や侍女たちと祈り、ハラハラと待つことしか出来なかった。

人間のーー自分の、無力さを痛感する。

詩は戦が嫌いだった。

 

「桜…僕たちは、戦のない世を作るんです」

 

食事を終え、仁丸が詩に告げる。

 

「そのために、高島は天下を取るのです」

 

「…」

 

「そばにいてください。

見ていてください。

きっと、天下を取り、戦のない世を実現させてみせます」

 

「…」

 

塞ぎこんだ様子で、何も答えられない詩に、仁丸はニコッと笑った。

 

「少し、外を歩きませんか」

 

「…はい」

 

2人で外に出る。

 

最近は陽が落ちるのがとても早い。

夕方からぐんとさがる気温。

空気が冷たく、冬もすぐそこだと感じる。

 

真っ暗な中、ところどころ、護衛の松明が見える。

 

「…」

 

仁丸が手にした行燈の明かりを頼りに、池のほとりをゆっくり散策した。

 

時折足元を照らし、手を引き支えてくれる仁丸は、やっぱりとても優しいのだ。

 

 

 

「あれー?」

 

足音がして、向こうから男が来る。

 

「あ。兄様」

 

目つきの鋭い男性だった。

仁丸と、そう年も変わらなそうだ。

 

「仁丸じゃないか。…と、

あ。この子が噂の寵姫かー」

 

詩を一瞥して、値踏みするようにじろじろ見つめた。

 

「兄様、こんなところでどうされましたか」

 

仁丸が固い声で、詩を庇うように一歩前に出る。

 

「…命令で、俺は今回城を守るため残るからな。

万一に備えて、城内に手薄なところがないか見回ってた。

 

俺も、戦に行きたかったけどなー。

高島城は広いから大変だ」

 

「…」

 

信将は仁丸の後ろの詩をジロジロ見つめる。

 

「あの小さかった仁丸が女ねえ」

 

「…悪いですか」

 

仁丸は明らかにムッとして、信将を見た。

 

「僕の、大事な寵姫です。

大好きな女子です。構わないでくれますか」

 

プッと、信将が笑う。

 

「はいはい、わかった」

 

信将が離れようとーーすぐに、何かを思い出したようにパッと振り返る。

 

「あ、そういえばさ、仁丸」

 

「…何ですか」

 

「面白い話があるんだ。

 

あの信継兄様が後宮に通ってるんだってさ」

 

「えっ…」

 

「…っ」

 

ーーズキ…詩は黙ったままーー何故か胸が痛かった。

 

「それ、本当ですか?」

 

仁丸も驚いている。

 

「ホントもホント。

戦前だから昂ってんのかねー

 

兄弟の中でも話題。

しかもさ、昨日も今日も…同じ女を選んだって」

 

「…同じ…女子?」

 

仁丸が絶句する。

 

『信継は同じ女を抱かない』ーーそれは、兄弟にとっては周知の事実だったから。

 

「あの信継兄様がねえ。『気に入り』を作るなんて。

 

疎かった兄様も、やっと色恋がわかるようになったのかな。

 

まあ、嫡男だからそろそろ結婚とかも考えないといけないし、当たり前か」

 

ーーズキン…ズキン…ズキン…

 

脈が、全身の血管を走る。

 

こめかみがズキズキする。

 

それよりも痛いのは胸だ。

 

ーーな…ぜ…

 

詩は衝撃を受けていた。

自分でも何故かわからない。

 

関係ない。

 

関係、ない。

 

あの方が誰を選んでもーー

 

誰と未来を歩んでもーー

 

私には何も、関係ないはず。なのに

 

 

「じゃーね」

 

信将が去っていく。

 

くるりと仁丸が詩を向く。

 

「すみません、桜。

信将兄様はすぐ上の兄でーー

 

…っ」

 

仁丸が目を見開いて詩を見た。

 

「…」

 

詩は、自分がどんな顔をしているかわからなかった。

 

「……桜、帰りましょうか」

 

スッと顔を伏せ、背を向けた仁丸。

 

ゆっくり歩き始めた仁丸に、詩も続いた。

 

ルキドも神に快癒を祈るまでした

ルキドも神に快癒を祈るまでした。しかし、兄は為す術もなく日に日に弱って行った。病に倒れてから二十三日目、ルキドの兄はひっそりと息を引き取った。『母さんありがとう。ルキド、俺の分も・・・・・・』が最後の言葉だった。呆気ないものであった。神は何処で油を売っていたものか。ルキドの母は看病疲れも手伝い、憔悴疲弊してやつれ方も一方為らず、その死に落胆消沈した。彼女は横たわる死骸の髪を撫でながら、その死に顔を無言で見詰めていた。側にいたルキドも大好きであった兄の頬に手を伸ばした。ルキドにとって信じられない事が起こったのはその瞬間であった。茫然自失の様子であった母の手がルキドの手を邪険に撥ねのけたのだ。「触らないでっ。・・・・・・お前が、お前が代わりに死ねば良かったのよ。」見た事も無い母の表情であった。狂気錯乱して何かの発作か、小さく体を震わせていた。なまじ美しい顔立ちの為か、その表情が酷く恐ろしいものに見えたほどである。 余りの母の豹変振りに、そしてその理不尽で情け容赦の無い言葉にルキドは凍り付いたように何も言えず、身動きすら出来なかった。「出て行って。この部屋から出て行きなさい。」更に容赦の無い口調で母は追い撃ちを掛けた。この日を境にルキドは家を飛び出した。後は野良犬よろしく世を渡り、いつの間にやら野盗の一員になっていたのである。「・・・・・・これが、ルキドの生い立ちらしい。」 playgroup香港 結構長かったヒルネーの話を、ハンベエは腕組みのまま黙って聞いていた。「その話は直接ルキドと言う奴から聞いたのか?」「いいや、誰から聞いたかは忘れたが本人からじゃなかったはずだ。」「ふむ。」ハンベエは腕組みを解いて額に手をやった。「奴が女の顔の皮を剥いだのは一度や二度じゃない。それもかなり美人の女に限って剥がれてる。奴にはそういう気のふれた癖が有るんだよ。」やり切れないという顔付きでヒルネーは吐き捨てた。(美人の顔の皮をねえ。一皮剥けば皆同じってか。しかし、ルキドって奴の生い立ちの話は本当か?、本当なら、本人が誰かに話した事になる。女の顔の皮を剥ぐ言い訳か? それとも誰かの創作か。が、どうやら、どうでもいいような話のようだ。)ハンベエは纏まらぬ思案をほっぽり出してしまった。ヒルネーから聞いたルキドの生い立ちは、ハンベエにとっては必要な情報では無かったようだ。「そのルキドって奴は斬る事に決めている。そう遠くない日にこの地上から消滅させてやるから安心しろ。」ハンベエは取って付けたような気安い調子でヒルネーに言った。「ありがてえ、これで思い残す事はない。斬首なり磔(はりつけ)なり、好きにしてくれ。」「ん?」「俺だって、アカガネヨロイの一味だったんだ。もう罪を逃れるつもりはない。」「・・・・・・。」成る程、こいつも盗賊の一人だったんだよな、とハンベエは今更思い出した。(確かに野盗の類いならば処罰しなきゃならんのだろうが・・・・・・しかし、面倒臭いな。俺は別に正義の味方ってわけでも無いし、人を処罰するって柄でも無い。)「黙ってどっか行っちまいな。どうしても、罰が受けたいなら、この王宮にいる他の係の奴に当たるんだな。」「俺を見逃してくれるのか?。」「俺の前にはもう顔を出すなよ。」ヒルネーはハンベエを訪れる前に死を覚悟していたらしい。この対応に拍子抜けした様子で、それでも首を捻り捻りハンベエの所から退出して王宮を去って行った。 後に残ったハンベエは何故か憂鬱そうな顔付きで『ヨシミツ』を鞘ぐるみ顔の前に持ち、少しだけ抜きかけの状態でその刃を見詰めていた。「これじゃいつまで経っても、お師匠様の下に『ヘイアンジョウ・マサトラ』を届けられないじゃないか。」 誰に言うとも無く呟いていた。

Here Are Some Tips That You Shouldn't Miss at Any Possible Cost

If you are suffering from acne and would love to have a solution to your problems then I am happy to help you. As a former sufferer of acne I have learned some tricks that has helped me to become acne free for several months now. I must warn you though that it will take some dedication and efforts from your part to make it a success.

Below are some of the things that you should do to not only get rid of acne but also keep it away.

Tip #1- Try to maintain a clean skin as much as possible. 脫發 By keeping your skin clean you are preventing dirt and bacteria from accumulating and clogging your pores. The best way to do that is to wash your face at least twice per day with a gentle wash that also contains salicylic acid to prevent your skin from drying out.

Tip #2- Do not attempt to pop your pimples. I know how tempting this can be but trust me it is much better to not to touch or try to pop your pimples. The reason is simple also; if you try to pop your pimples you will introduce microscopic dirt and bacteria from your fingers into the pimple which will make it worse.

Tip #3- Drink a lot of water daily. 投資債券 Water will naturally detoxify your body and flush out the build up of toxins that can cause acne and other diseases. It will also hydrate your skin and make it look glowing and beautiful.

Tip #4- Eat a lot of fruits and vegetables every day. This will help to build your immune system to help you fight of infections. At the same time you should try and avoid all types of fatty foods and too much sugary foods at least until your acne is gone.

Tip #5- Get enough rest. Lack of sleep can cause a build up of stress and stress is a main contributing factor to acne. So simple getting enough rest can have a major improvement on your skin.

The Secret Beauty Tips of Women With Flawless Skin

Did you ever notice that some women have flawless skin and look radiant? What is their secret? These women don't really have the flawless skin you think they do, they just know the beauty secrets that make it look that way with good skincare, guidance on how to take care of themselves, beauty treatment recipes, and the way they apply their makeup.

Every woman has some features that they would like to highlight or some features that they would like to hide. But, bb槍 膠原 we all want makeup and beauty tips that give us the steps of learning how to get that perfect skin, or how to have soft hands and feet, how to take care of ourselves, how to clear up acne, and step by step makeup tips.

When a woman looks her best, that is when her real beauty shines through, and when a woman uses the proper skin care techniques, and uses the correct makeup application steps to look like she has flawless skin, and takes care of her body her real beauty will show!

I find that when I need 債券基金香港 guidance on makeup application,  having a professional guide to give makeup application tips is very helpful! It not only has a professional makeup artist telling me how to apply the makeup, but I can see if it will be easy for me to do to myself.

Also, when I have a guide or a manual to go by with step by step instructions, I get inspired to give myself beauty treatments like how to make a homemade masks, how to apply my makeup, how to do a pedicure or manicure or a nice soothing milk bath mixture to whip up that will give my skin a radiant glow.

Search

Archive

Comments

There are currently no blog comments.